聞き慣れない既往歴というワードに迫る

>

履歴書を書く上で

偽りは罪なり

就職活動をする時に志望者が健康体であることは企業側からすれば最低条件。
特に体力勝負の現場仕事などを志望する際に何らかの疾患や病気を持っていれば多少なりとも不利になるのは必須。
しかし既往歴を偽ってまで入社をしようとするのは得策ではありません。
後から偽りが露呈することで下手をすれば解雇というリスクもある以上、相手の受け取り方次第になりますが正直に話して誠意を訴えた方が賢いと言えましょう。

企業が懸念しているのは既往歴の有無ではありません。
業務に支障が無いかどうかの一点のみです。
実際有能ではあるものの病気の問題で企業に採用を断られる人材も多く存在しています。
本来であればそういった人材は企業が配慮して支障の無い適材適所に配置すれば良いだけの話なのですが病気というだけで敬遠しがち。
病気というだけで断られてしまわないよう具体的に現在の通院状況やこれまでの健康状態など正確に伝えることが大切です。

自身の体は自身が一番良く分かっている

誰よりも付き合いの長い自分の体のことを自分が一番よく知っていて当然です。
しかしあまりに内定が貰えないことから焦って自分を見失うこともあります。
ただ内定が貰えない状況を貴方自身が作っていることも可能性の一つ。
あまりに病状が重く、誰が見ても業務を正常に遂行出来ないと判断されてしまえば貰えるものも貰えずはずがありません。

既往歴を自身や第三の視点から見てもらい必要に応じて就職活動の休止も考えなければなりません。
最高のパフォーマンスを発揮する為にも一旦就職を諦め、治療に専念しましょう。
それでも金銭的な問題を抱えていて働かざるを得ない場合は在宅ワークや軽作業など条件をなるべく絞らないことです。

既往歴は適切な診療を受けるだけでなく仕事を探す上でも重要なファクターとなることを覚えておきましょう。


シェアする